スキーAustria

23 Apr 2017 のFiss 雪レポート

  • Fissの天気予報  m 高度 発行: 7 pm27 Apr 2017 (現地時間)
スキーAustria

23 Apr 2017 のFiss 雪レポート

AuFiss

Use the buttons below to tell us…

当HPのFiss雪レポートでは、雪の状態、積雪量、ゲレンデ、ゲレンデ外の状態、オープンしているスキーリフトの数を毎日更新しています。下記のFiss最新雪レポートは、23 Apr 2017に更新されました。スキーシーズン中、スキーリゾートマネージャー、英国スキークラブ(Skiclub of Great Britain) 及び国際スキーリゾートサービス(Skiresort Service International GmbH) の方々とのネットワークのおかげで、定期的に雪レポートを提供することができます。スキーコンディションに関する現在のレポートに加え、当HPではFissに関しウェブカメラ(4週間のアーカイブを含む)、近くの観測所からの現在のライブ観測、及び雪データの履歴を提供します。

Fiss雪レポート発行:23 Apr 2017

シーズン開始: 7 December 2016 | シーズン終了: 23 April 2017

シーズンの終了
snow report webcam thumbnail

最も最近の降雪19 Apr 2017 に
Fresh snow depth:-cm

Fresh snow depth
頂上 / 麓 雪の深さ, cm
90
Bottomリゾートの新雪: –
Good pisteゲレンデPowder
Powderゲレンデ外 Powder
Resort runsリゾートコースclosed

リゾートの雪レポート:39の27リフトオープン.124 of 198 km of pistes open.

Eyeball surf report
  1. eyeball reporterAnonymous Report: Snowing at a moderate rate at Kaunertal.
  
今日雪は報告されていませんか? ここにユーザーの雪レポートを提出*
*ユーザー雪レポート:登録ユーザーのみ投稿することができます。ユーザー雪レポートの投稿を希望するまたはリゾートマネージャーになりリゾートの情報をより詳細に更新したい場合は、お問い合わせください。

近隣リゾートの雪レポート

Bottom Mid Top
リゾート Webcam Top
雪の深さ 頂上と麓
Good piste
ゲレンデ
Powder
ゲレンデ外
Fresh snow depth
前回の降雪
Fresh snow depth
次 ;9 ;日間
0–3 | 3–6 | 6–9
雪 (cm)
Weather 次3 ;日間天気予報
凍結高度 (m)
Fri Sat Sun

(2224m — 3160m)

snow report 昨日

10 km away

194
127
Packed
Varied
5 cm
9日前
34
47
14
中腹の観測所 2692 m
1150m 1550m 1950m

(1200m — 2820m)

snow report 昨日

10 km away

Serfaus webcam
21
24
5
中腹の観測所 2010 m
1150m 1650m 1900m

(1740m — 3440m)

snow report 昨日

15 km away

Pitztal Glacier webcam
193
146

Fresh

Powder
12 cm
昨日
35
53
16
中腹の観測所 2590 m
1200m 1500m 1950m

(1400m — 2872m)

snow report 昨日

25 km away

Samnaun webcam
120
10

Fresh

Powder
20 cm
昨日
40
35
7
中腹の観測所 2136 m
1100m 1550m 1800m

(1378m — 2873m)

snow report 昨日

26 km away

Ischgl webcam
80
5

Fresh

Varied
5 cm
昨日
41
35
7
中腹の観測所 2126 m
1100m 1550m 1800m

Fiss 雪レポートの注釈

雪レポートは、Fissのゲレンデおよびゲレンデ外のスキー場の状態を説明しています。更新した雪レポートをここに提出することができます。多くの場合ゲレンデとゲレンデ外の状態は違うので、Fissのゲレンデおよびゲレンデ外の状態を別々に説明していただくようお願いしています。Fissの雪レポートにこのような詳細がない場合は、雪の深さ、Fissにおける最後の降雪日、Fissの天気予報からゲレンデ外の状態を予測することができます。会員は、Fissの気象状況のハインドキャストをチェックすることができます。この詳細な天気ログをチェックすれば、雪レポートが古すぎて使えない場合もFissの雪の状態を容易に予測することができます。ハインドキャストは、当方の天気モデルが最後に予測したFissの降雪を表示しています。これはどれくらい降雪があるだろうかという当時の予測、凍結高度、風、天気が時間の経過とともにどう変化するかを示しています。ゲレンデ外で粉雪、スラッシュ、春の雪、氷、ウィンドクラストが降るかどうか、予測することができます。前回の降雪後、粉雪や新雪といったレポートを見た場合、通常そこにはもっともな理由があります。人が多いスキーリゾートでは、新雪が降ってから数時間でゲレンデ外の新雪が踏まれてなくなってしまいますが、アクセスできる地域と比較して人が少ない場所だと、おそらく数日経っても新雪が残っている場合があります。また強風は時折粉雪を吹き飛ばし、古い表面を十分粉雪でカバーできますし、あるいは単にそのスキーエリアが降雪後しばらくの間完全にはオープンしていなかったため、しばらく前に降った新雪がまだ残っているという場合もあります。気象条件が変われば、Fissの雪の状態も必ず変わるため、Fissの雪レポートの日付と時間を確認し、当時と現在の間には雪質に対して天気がどのような影響を与えたか想像することが重要です。例えば金曜日の午後Fissの雪レポートでは新雪を表示していたとしても、金曜日の夜は穏やかで雨が降った場合は、土曜の朝の雪の状態は良くないでしょう。逆に天気が寒く安定している場合は、同じ雪レポートが1週間以上有効となるでしょう。Fissの雪予報をチェックし、貴方が実際に到着する前に状況が変わりそうかどうか確認するようアドバイスしています。多くのスキーヤーがモーグルやスピードの出る氷のゲレンデを楽しむ一方で、ゲレンデ外のスキーヤーやフリーライドのスノーボーダーにとって新雪は、積もった瞬間から悪化してしまいます。風、雨、凍結温度より高い気温の時間が、新雪からウィンドスラブ、氷、スラッシュに変わる主な原因です。太陽から陰になり、風が吹き込まない高度の高いゲレンデでは、新雪が降ってから長い期間粉雪を保持することができます。雪レポートにFissに多くの粉雪があると書かれている場合は、Fissのゲレンデマップと風の方向を比較し、目的地を決定してください。

Fiss 雪レポートの特に週末の日程をチェックすることが非常に重要です。例えば、Fissでは金曜日、最近の降雪後粉雪が積もっているとの雪レポートがあったとしてもその後の週末が晴れで、現地の人が集団で山を訪れた場合、スキーコンディションは(どのリゾートにおいても)急速に悪化し、到着が遅れるとスキーコンディションが大きく変わる可能性があります。もちろんモーグル用に悪化したコンディションを求める人もいますが、粉雪を好む人、特にスノーボーダーにとってこれはゲレンデ外の雪に跡をつけることになります。もちろん、特に新雪が降ると数日あるいは数週間経っても粉雪が残っているような高度が高い所にある静かな北において、新雪の降雪後すぐには悪化しないかもしれません。(上記メニューにある)Fissのゲレンデ地図をチェックし、お気に入りのゲレンデがある場所をご確認ください。そのようなゲレンデが、雪レポートの"Fiss 雪の状況"部分に記述されている可能性があります。Fiss雪レポートをチェックすること以外に、本ページのトップにスキーリゾートガイドとともに掲載してあるメニューで雪予測をチェックすることをお勧めします。

観測雪レポートを提出観測雪レポートを提出 Fiss
登録